読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

repo*

~暮らしによりそう こころによりそう~

クックパッドのレシピは永遠にあると思ってはいけない と言うお話。

料理 暮し

 

こんばんは pokuです。

 

お料理の際、以前までは料理本を見ては作っていましたが、今はインターネットでレシピは色々探せますね。本当にありがたいです。

 

その中でも、クックパッドは絶大な人気を誇ります。

私も、今や クックパッドなしにはお料理はできません。

 

レシピをノートに書かなくても 良いのです。

気に入ったレシピを自分のお気に入りに登録してしまえば、いつでも見られるのです。

 

そんなこんなで、私もお気に入りのレシピはたくさん増えました。

そして、今一番お気に入りの、お菓子。乳製品不使用、簡単にできる、ショコラパウンドケーキ。かなりヘビロテしています。つい、先週の木曜日もパパッと作りました。

 

そして、お友達も来た今日、一緒に作ろう♪と張り切ったところ

 

・・・・・・

・・・・・

・・・・

 

レシピがない!!!

 

あれ?!

 

どこにも・・・ない!

 

こんなことって、あるのですね。

いつもあると思ってはいけないのですね。

勉強になりました。

 

やはり、「気に入ったレシピは保存すべき!」

原点にもどり、お気に入りのものは、ノートにレシピを書き記そうと心に決めた今日でした。

 

皆さんも、気を付けてくださいね!

 

 

 

 

子どもが誕生日に発熱は意外とあるある。

子育て 暮し

 

こんにちは。pokuです。

 

ずっと気になっていたことなのですが、

子どもが 誕生日に発熱するって意外と多くないですか???

 

f:id:reporeporunrun:20170324165750j:image

 

うちの息子、1歳の記念すべき誕生日に発熱。

用意した ヨーグルトケーキも食べられず、スペシャルご飯も 食べられず、熱でふうふう(∗꒪̿〰꒪̿∗)していた姿がいまでも思い浮かびます。

 

こんな記念日に発熱なんて かわいそうだなあと思っていたら、友達、親戚から 記念日発熱の話 がたくさんでてきましたε٩(°Д°)۶з 

 

やはり、1歳のバースデーでの発熱が特に多いようですね。しかも 乳幼児期の発熱は、心配です。

 

私は、息子を看病しながら、出産時のことを思い出し もしかして、子どもも産まれるために胎内で大変だったのかなあ?それを思い出して熱がでちゃったのかなあ?と 思ったものです。

 

ちなみに、うちの息子は昨年は インフルエンザになり、最近あった今年の誕生日も 突然の発熱。。。季節柄もあるのでしょうが、これからも要チェックの日になりそうです。

 

「♪ハッピーバースデー じーぶんー♪」

と歌い、誕生日を待ち望んでいた息子氏。

楽しみすぎて、熱が出たということもあるのかな(♡ˊ艸ˋ)♬*

 

それでも、毎年誕生日に思うことは ただひとつ。

「生まれてきてくれて、ありがとう」

ですね。

 

 

 

 スポンサーリンク

酢水ってすごい!レンコンのきんぴら編

暮し

こんばんは。pokuです。

 

レンコンのきんぴらを作りました!

 

 

そこで、レンコンの変色をおさえるために、1カップの水に小さじ1の酢をいれた、酢水に切ったレンコンを しばらくの間、つけます。

 

その後は水を切り、油でレンコンに火が通るまでいため、味付けを。

私はゴマ油を使用、めんつゆで簡単に味付けをします。簡単なのに 美味しいです。すこーし、酢の味もしますが、それもまた良い感じなのですよね。

 

酢水にレンコンをつける、ちょっとしたひと手間で、変色のない、綺麗な色のレンコンのきんぴらができるのです。

酢のパワーってすごいですね◞( 、*´▿`)、

ぜひ、お試しあれ!です。

 

生活に潤いを。緑のある生活のススメ!

暮し

こんにちは!pokuです。

観葉植物が欲しいのですが、なかなか踏み切れず悩んでいたのですが、母が庭にある葉をくれました。

「水にさしてれば良いから〜。

これは強いから大丈夫!」と。

f:id:reporeporunrun:20170319221122j:image

 早速玄関に飾りました。

 

トイレにも飾り、リビングにも。

緑は良いですね。毎朝、見ては、癒されます。

 

枯れたらかわいそうだなあ とか

ちゃんとお手入れできるかなあ とか

心配しては なかなか 買えなかった緑達。

 

でも、飾り始めたら、簡単で とっても可愛い♪

大げさですが、勇気がちょっと足りなかったようです。

一歩 踏み出せば、

生活にこんなに潤いがでるのですね◞( 、*´▿`)、

 

観葉植物も買っちゃおうかなあ。。。(♡ˊ艸ˋ)♬*

 

子育ても、暮らしも、家計も、振り返りが大切 というお話。

子育て 暮し 家計 スキル

今回のテーマ、「振り返り」

仕事が忙しい今、忙しさに流されてはいけないなぁと思い書いてみようと思いました。

 

子育て

 

先日 子育ての講演会を聞きに行ったとき、

親として成熟していくには 振りかえり(内省)が大切

 ああすればよいのか、こうすれば良かったのかと振り返り、次につなげていく。

 テキストではなく、目の前の子どもをみて、自分を振り返って子育てしていくこと」

と乳幼児精神科の先生はおっしゃっていました。

 

子供の変化、自分の気持ちなど 振り返りながら、書き留めておくというのは大切なのだと思います。

 

そして、暮らしもしかり。

 

ただただ流されて生活していくと、その場その場のことしかできなくて、全体的に家はちらかり、やりたいことはできていない状態です。(まさに今の我が家!)

 

いったん、立ち止まりましょう。

生活を振り返り、やるべきことと、やりたいことを分けて、やるべきことを早めにすまして、時間が空いたときにやりたいことをするべし!

 

家計は振り返り 命!

そして、家計もですね。

家計簿、つけていますか?

 

私はつけています。でも月に1度つけるのでは、振り返りが甘いことが身に染みています。面倒でも1週間に1度、できれば毎日がベストなんですね。

 

こまめに生活費を見直しているときは無駄遣いもせず、予算内でなんとか収まるのに、一度忙しさにかまけて 振り返りをしていないと。。。どんどん流されて、あやふやになっていきます(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)

まさに今の私!!!

 

今日からは、一日に一度、家計簿を開くことに挑戦したいと思います!

使っても使ってなくても、開き、今の我が家の現状を目に焼き付け!明日を過ごす。

頑張ります!

  

まとめ 

f:id:reporeporunrun:20170318215505j:image

こうしてみると、「振り返る」てことは、毎日を大切に生きることにつながる気がしますね。

 

1日に少しの時間だけでも「振り返る」時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

子どもと一緒に見て学ぶ映画 「世界の果ての通学路」

映画 親子 子育て

こんばんは。pokuです。

 

ずっと気になっていた「世界の果ての通学路」を息子と一緒に見ました。

その感想などを今日はお伝えします。

 

「世界の果ての通学路」とは

f:id:reporeporunrun:20170316223656j:image

アフリカ、モロッコ、インド、アルゼンチンの4つの異なる地域で、長時間かけて通学する子どもたちの姿を追ったフランスのドキュメンタリー映画。日本では2014年4月に上映したもの。

 

アフリカでは象や野生動物に出会わないよう気を付けながら、

モロッコは4時間もかけて山を越えて、

インドは兄弟2人で 車いすである長男を押しながら、

アルゼンチンでは兄妹で馬に乗って の登校風景でした。

 

感 想

うちの子は徒歩で20分かけて、登校班での集団登校です。雨の日、雪の日はもちろん、毎日 事故にあいませんようにと思い、家から送りだします。ランドセルには交通安全のお守りをつけて。

 

たとえ距離は違うとも、親が思うことは一緒ですね。

この映画の子の家族も、心配をしながら、安全を願っていました。

 

危険を伴う通学路。でもそこまでしながらも、子どもたちが通うのは、「学びたい」という気持ち、親御さんの「学ばせたい」という気持ちを強く感じました。

 

一方、日本は義務教育で当たり前に学校に行っています。学ぶことが当たり前になっています。私はそうでした。学校行くのは当たり前で、それほどの思いもなく勉強し、宿題も面倒だなぁと思いながらしていました。映画を見て、それって、なんだか贅沢で 寂しいものの気がしてきました。

 

うちの子は、学びたくて学べるような子になってほしいなぁと思います。

学ぶことが楽しくて 学校に行くようになれたらいいなあと思いました。

 

当の本人はこの映画後半はやや飽きてしまい、ながら見、していましたが(○´―`)ゞ ポリポリ

 

海外の登校風景は 景色が素晴らしくて、絵本の世界のようでした。

きっと映画の子たちも日本の通学路を見て、きっと驚くのでしょうね。

 

77分のこの映画、知らない世界を知るってワクワクしましたよ(*'∀'人)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

大好評だった 読み聞かせの本はこれです! ~小学校低学年編~

子育て 絵本

こんにちは!pokuです。

私の息子は小学生です。

息子の通う学校では、朝 読み聞かせの時間があり、ボランティアの保護者が、子どもたちに読み聞かせをします。

 

私もその1人なのですが、読み聞かせの本を選ぶのは楽しいのですが、なかなか大変な作業です。

わずか15分という短い時間ですが、されど15分と言いますか。せっかくなら、子どもたちに喜んでもらいたいですものね。頑張って探しました。

 

私が悩みに悩み、子どもたちに読み聞かせた中で、反応が良かった本を今日はご紹介します♪

 

 

 「ねぇ、どれがいい?」

(評論社)

1年生に読み聞かせたものです。

今までで、1番子どもたちの反応が良く、息子が今でも2年ほど前のことでも

「あれは楽しかった~!」と記憶にも残る本です。

色々なシュチュエーション(住むところ、食べるものなど)が出て来て、「どれがいい?」と問いかける本なのですが、そのシュチュエーションがとても面白くて、大人の私も笑ってしまいます。外国の絵本というのもあり、選択肢が私達の想像を超えるものなのです!

 

読み聞かせでは、子どもたちに どちらが良いか手をあげてもらったり、子供たちの理由を聞いてみたりして、大変盛り上がりました。

読み聞かせの時間が終わっても、子どもたちは楽しそうにこの本のことを話していたそうです。

 

また、家に帰ってきた息子も、1人でゆっくり読みたい!と言い、空想の世界を膨らませながら読んでいました。

 

友達と読んでも、家族で読んでも、1人で読んでも楽しめるオススメの一冊です。

 

 

   少し試し読みもできますよ♪

絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

 

読み聞かせの絵本を お探し中の お父さん お母さんのお役に少しでも立てれば嬉しいです♪